バラ肉は普段の料理でもよく使い部位になります。そこで、バラ肉の魅力と美味しさや、美味しい食べ方について、紹介していきます。

ナカバラ、マエバラ、ソトバラの魅力と美味しさ

バラ肉と一口にいっても、その部分によって呼び名が異なることをご存知でしょうか。そして、それぞれの部位によって特徴があります。

ナカバラ

肋骨についた肉で、腹のロースに近い部分のことをナカバラと呼んでいます。赤身と脂肪が交互に重なっているのが特徴であり、焼き肉やすき焼き、牛丼など、幅広い牛肉料理に使えます。

マエバラ

肩の部分にあるバラ肉のことで、厚みがあるのが特徴になります。焼肉では、カルビでこのマエバラが使われています。また、骨付きの状態で煮込むことで、旨味が出て美味しいスープが作れます。

ソトバラ

腹側にあるバラ肉のことをソトバラと呼んでいます。赤身と脂肪分のバランスが絶妙ですが、焼き肉でよく食べられているカルビと比べると脂肪分が少なく、あっさりとしています。

赤身好きは肩バラ、サシ好きは三角バラがおすすめ

肉の好みは人それぞれですので、好みにあった部位を選ぶことで、より美味しく牛肉を食べられるようになるでしょう。

赤身好きには肩バラ

最近は、ダイエットや健康のために赤身の肉を食べる人が少なくありません。肉には脂肪を燃焼させる働きがありますので、ダイエット中でも積極的に食べてよい食品のひとつです。

肉の脂肪分が苦手という人や、健康志向の人には赤身の多い肩バラ肉がおすすめです。肩バラは、肋骨の外側の部分の肉であり、赤身と脂肪が層になっているのが特徴です。

きめが粗くて食感も固めですので、かみごたえも十分です。

そのまま焼いて食べてもいいのですが、シチューなど煮込み料理で使用すると、肉がしっとりと柔らかくなって、より美味しく食べられます。

サシ好きにおすすめの三角バラ

バラ肉の中でも一番高級な部位であり、サシも適度にあり肉質もきめ細かいです。味も濃厚で、バラ肉の中でも最もおいしいと言われています。

焼肉でもよく用いられている部位であり、カルビの中でも特上カルビとして提供されている部分です。

牛バラ肉は角煮を食べるべし!

バラ肉は牛肉の中でも比較的手ごろに購入できる部位ですが、肉質が硬いのが難点です。美味しく食べるためには、調理法を工夫してみることです。

角煮で肉がやわらかく

硬いバラ肉を美味しく食べる方法の一つが、煮込み料理にすることです。時間をかけて煮込むことで、硬い肉がやわらかく食べやすくなるからです。

煮込み料理にもいろいろありますが、シチューや角煮は好き嫌いの少ないメニューですので、ご飯のおかずやおもてなし料理として出しても喜ばれるでしょう。

おいしい角煮の作り方

角煮と聞くとちょっと料理が面倒、時間がかかりそうなイメージがありますが、炊飯器を使用すると簡単に作れてしまいます。

牛バラ肉の塊、水、しょうゆ、砂糖、みりん、しょうが、にんにく、ごま油をそれぞれ適量ずつ用意します。

牛バラ肉は一口サイズで切った方が、味が染みこみやすくなります。切った牛肉をボールやジップロックなどに入れて、調味料を混ぜ合わせて冷蔵庫で3時間ほど寝かせます。

その後炊飯器に肉と調味料を全て入れて、白米を炊くようにしてスイッチを入れます。箸を通すと、肉が簡単に崩れるほど柔らかい牛肉の角煮が簡単に作れてしまいます。

出来上がったらそのまますぐに食べられますが、一晩時間を置いたほうが、牛バラ肉に味がしっかりと染みこんでより美味しく食べられるようになるでしょう。

他にも、ビーフシチューや肉じゃがなど、バラ肉を使った美味しい煮込み料理レシピがあります。

炊飯器だけでなく、圧力鍋を使っても美味しく簡単に牛バラ肉の煮込み料理が作れるでしょう。